その記憶はいつ頃のものですか : 2020年6月
その記憶の場所はどこですか? : 寿恵野小学校

休校後、学校が再開すると給食が始まりました。コロナの関係で運び方が変わりました。また、前までは班で食べていたけど、コロナの関係で全員前を向いて、しゃべらずに食べるようになりました。


その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年夏
その記憶の場所はどこですか? : 平戸橋の田んぼ

関東から引っ越してきて、お気に入りの電車が見られずご機嫌ななめだった一歳の息子。
はじめてみた名鉄は、2両で真っ赤でピカピカしてて
なにより青空と田んぼに映えていました。
広い空に生きものあふれる田園風景の中を走る名鉄に心奪われ、もうすっかり名鉄のとりこです。
年中さんになった今でも、「どこ行きたい?」っと聞くと、彼のお返事top10に必ずランクインする平戸橋の風景。
最近は名鉄をくぐる石積みのトンネルもお気に入りです。



その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年11月
その記憶の場所はどこですか? : 高校

あのころは学校内で、コロナウイルス感染者が出てしまい、土日含めて3日間休校になってしまいました。学校内は消毒されたそうです。誰がかかってもおかしくない状況なので、先生からは、感染者を特定したり、噂話をしないように言われました。


その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年春
その記憶の場所はどこですか? : 自宅

休日の多くの時間を自宅の居間で過ごすようになりました。自分があまり出かけないので、小鳥たちをゲージから出す時間が長くなるのは必然。つまり彼らは、概ね外で日がな一日過ごしている。こちらから干渉しないようにしております。AS BIRD GOES BY つまり「とりのすぎゆくまま」



その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年〜2021年 冬
その記憶の場所はどこですか? : 自宅

コロナの中のごはんの記憶:大根の葉をザクザク切り、熱しゴマ油をひいたフライパンで、シラスと炒める。この冬度々つくり、途中からヒジキも入れるようになった。食べるのは僕と小鳥のみ。


その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年5月前半 緊急事態宣言中
その記憶の場所はどこですか? : 豊田市の小原地区(山間部)

週末になるといつもより、車の交通量がとても増えた。県はまたげなかったが街の人が癒やしを求めて山間部に車できたものだと思います。下山の知り合いもたくさん人が来たといっていました。以前は東京に住んでいたこともあるので都会の閉塞感を考えるとわかる気がしました。田舎では田んぼシーズンで田植えをしていました。人がいないのも田舎の良さかなと思いました。



その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年4~6月頃
その記憶の場所はどこですか? : 豊田市竜神町

新型コロナウイルス感染症対策で経済活動が低迷。私が勤める会社の仕事量が激減。正直、倒産も覚悟しました。2020年7月~は自粛解除で徐々に回復しました。


その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年4月以降
その記憶の場所はどこですか? : 自宅のテラス

春先より外出自粛期間となり、高齢者の私たちは、外出に罪悪感を覚え、家の中のでは、暇で耐えきれず、思い付いたのがテラスでのプランタ農園です。成長するほどに喜びもあり、大変に良い事に思います。
※自粛中に良い発見をしました。
※栽培の難しさも体験しています。



その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年8月頃
その記憶の場所はどこですか? : 自宅

コロナ自粛の中、メールでのやり取りが多くなるとともに、速さも増して、日頃から行っている
資料作りも今まで以上に早く進んでいます。新たなる取り組みを考えていたらまだやり切れていないことがあるのに気付きました。コロナ後に備え、一度立ち止まって振り返ることも大事だと思いました。


その記憶はいつ頃のものですか?: 2020年4月 緊急事態宣言が出てすぐ
その記憶の場所はどこですか? : 日常です

マスクがとても必要でも品切れで買えない状況になりました、朝開店前のドラッグストアに行列も出来、数量制限で並んでも買えない事を記憶しました。それで布のマスク作りが流行り、マスク用ゴムの品切れも記憶。高齢の母のために手作り品のネットサイトで布マスクを見つけて買った記憶も有ります。